商社マンと結婚したい!その方法とは?

スポンサーリンク
婚活攻略法
スポンサーリンク

国をまたがるスケールの大きなビジネスを手がけ、高収入になる人が多いのが商社マンです。

年収の高さだけではなく、常に前線に立って活躍する人間の話題の豊富さなども魅力になっています。

ただし、活躍する人材だけあって商社マンと知り合うのは難しいのではと考える人も多いはずです。

今回は商社マンと結婚するための方法をいくつか紹介します。

商社マンと知り合いたいなら合コンが近道

商社マンと知り合う方法でも最も確率が高いのが合コンになります。

これは付き合いなどの関係上参加する人が多く、繋がるチャンスも多いためです。

商社マンだけでなく高収入の人に絞った合コンパーティーなどもあるため、あわせてチェックするのがおすすめです。

ただし、知り合ってそこで終わりにならないためには工夫が必要になってきます。

付き合いで参加しているだけで既婚者も珍しくない

合コンに参加する人といえば恋愛に飢えた人と思いがちですが、商社マンは異性と知り合える方法がいくらでもあります。

そのため、合コンに参加する場合も人数合わせや付き合いというケースが多く、既婚者が参加させられていることも珍しくないのです。

上司の顔を立てるため、取引先に頼まれてなど、様々な事情があります。

大切なのは連絡先を交換し、同僚も含めて紹介して貰うつもりでアピールするなどより視野を広く持つことです。

相手との縁がなくても、紹介したい女性の候補に入ればそれだけ商社マンとの結婚が近づくからです。

合コンは競争率が高いのが前提

合コンに参加して商社マンに会えたとしても、競争が激しいのが前提になります。

人気の職種の男性には常に人が集まります。

積極的なアプローチやアピールポイントがなければ競争に勝ち残るのは難しいのです。

競争が苦手な場合は合コン以外で出会いの方法を探すのがおすすめになります。

マッチングアプリを利用する

マッチングアプリを利用して、商社マンを探してしまうのも方法です。

年収や職業などの登録が必要なマッチングアプリも珍しくないため、検索から相手を探せるのがメリットです。

効率的に出会いたい人や、合コンなどで積極性を武器にできない人はマッチングアプリから相手を探すのがおすすめになります。

プロフィールなどを工夫すればそれだけ出会いのチャンスを増やすことができます。

プロフィールを充実させることは大前提

マッチングアプリで商社マンとの出会いを探す際のポイントになるのが、やはり相手がモテるという前提です。

プロフィールの情報を充実させるなど、工夫をしなければそもそも候補に入れて貰えないことになります。

ビジネスで忙しい相手の結婚スタイルや、デートスタイルにあわせる、様々な提案ができる知性があることをアピールするのがおすすめです。

画像も加工前提できれいな物を選ぶことが大切です。

実際に結婚すれば上司や取引先のパーティーに一緒に参加することなどが増えるため、一緒にいて魅力的な女性と思って貰えるかも大切になります。

余りに個性的なファッションやルックスだと紹介し辛く、その時点で候補から外されるケースもあります。

忙しいことを前提に複数の候補を探す

恋愛はタイミングが重要ですが、商社マンの場合はマッチングアプリを使う時間も限られます。

忙しくて返信が来ないことや、時間がずれることを前提に恋愛を進める必要があります。

連絡が遅いからと催促しても面倒な相手と見られ、そのまま縁を切られるため注意が必要です。

どれだけルックスが好みで、条件がマッチしてもタイミングが合わなければ会話が成立しないため、検索経由で複数の商社マンと連絡をすれば出会いの確率を高められます。

結婚相談所は年齢が高い商社マンが多い

結婚相談所に登録し、結婚相手を探す商社マンもいます。

注意したいのは、婚期などを逃してしまった人が多く、年齢も高めになる傾向があることです。

若い相手を探したい場合は結婚相談所以外で探すなど、工夫も必要です。

結婚したいのであれば相手の条件に会わせられるかが重要

商社マンと出会っても、結婚ができるかは話が別です。

商社マンは仕事ができる人ばかりで、パートナーにも知性や教養を求める傾向があります。

付き合いの関係上、彼女や婚約者がいた方がいい場面に呼びだされる機会もあります。

海外も含めた転勤など仕事中心に生活を回していることがほとんどで、理解がなければ中を深めることも困難です。

自分の都合ではなく相手の都合を優先できるか、会話についていくために海外の経済動向や政治について学べるかといった努力も求められます。

年収だけを目的に結婚相手として選ぶには、ハードルが高いのが商社マンになのです。

まとめ

商社マンと結婚したいのであれば、出会いの場所と特徴をセットで覚えることが大切です。

  • 商社マンとの繋がりを増やしたいなら合コン
  • 複数の商社マンとやりとりしながら相手を探したいならマッチングアプリ
  • 年齢が高くてもかまわないなら結婚相談所
  • 相手の仕事の都合にあわせて動けることを前提にすること

商社マンと出会いのきっかけを作るハードルは高めで、更に恋愛対象として見て貰えるハードルも高くなっています。

しかし、対策をすれば恋愛対象として見て貰える確率もあがります。

仕事中心の生活に合わせられるフットワークなどを身につけられれば、更にプラスが狙えるのがポイントです。

ライバルが多いからこそ、事前の知識と対策が必須になるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました