友達の紹介から結婚する方法とは?付き合うまでも解説

スポンサーリンク
婚活攻略法
スポンサーリンク

今あなたにはパートナーや、片想いしている異性はいますか?

『結婚』は自分にはまだ想像出来ない、とハードルを上げてしまっていたり

程遠いなと中々勇気がでず、一歩踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方々の不安を解消し、恋愛迷子にならない考え方を提案できたらと思います。

初対面から異性として意識してもらうには?

見た目や性格…よりもこれ!

見た目やスペック…よりも『愛嬌

みなさんは異性とのファーストインプレッションで何を大切にしますか?

顔が整っているか、清潔感があるか、スペックが高いか…。

みなさんはこんな経験ありませんか?

  • ファッションや雰囲気がかっこいいなと思って、次のデートに行ってみたら前回とのギャップがありすぎて幻滅した。
  • 高学歴、高収入でスペック最高!って思ってたら現在はフリーターだった…

容姿やスペック重視で見てしまうと勝手に自分のものさしで比較して萎えてしまったりと

自らリスクを高めて、地雷を踏んでしまう危険性が高いんです。

そこで、自分がそんな風に思われない為に、大切なのが『愛嬌』

愛嬌は容姿やスペックと違い、自分自身の中身を最大限にアピールできるポイントでもあり、ギャップにもなりづらい。

さらに受け取る側も最重要視ポイントとして上げている男性も多いんです。

モデル級の美女よりも、目立ってはないけど愛嬌が抜群の女性だったら

対等、もしくは優勢の状態で挑める可能性はぐんと高まります。

選ばれるだけでなく、自分が選ぶ選択肢も増えちゃいますね。

相手ではなく、自分自身?

異性に求める最重要視ポイント、貴方はいくつありますか?

そして、それは本当に無くてはならない条件ですか?

例えば念願の注文住宅を建てるとして、貴方の理想のマイホームを現実的に建てるとなると、金銭的な問題や立地的な問題、妥協点を見つけつつ、80点、90点を目指していきますよね。

事実上、住宅に関して、100%満足している人はごくわずかです。

一生涯の買い物、住宅でも理想を現実化するのは難しいのに、一生涯のパートナーに対して好条件を求めすぎるのは、かなりハードルが高いと感じます。

まずは自身の求める最重要視ポイントを明確にする為に、自分自身と向き合う時間を作れば、新たな気付きがあるかもしれませんね。

恋人から結婚までの道のり

私の運命の人はどこ?

運命の人

人によって色々な定義があると思いますが

運命の人 = 結婚相手 

このように自身の中で定義があったり、固定概念が強いと後々崩していくのが大変なのではと感じます。

結婚相手と言えど、子供を授かっても他人ですよね。

長い月日を共にしていくにあたり、お互いの価値観はとても大事な項目だと思います。

価値観の不一致で離婚してしまったり、上手くいかない。

なんて話を耳にする事が多いですが、そもそも、価値観が全て一致するって事は少ないですよね。

恋人に限らず、友人や家族でさえ難しいと思います。

なので、お互いがお互いの価値観をどれほど受け入れられるか。が重要だと思うんです。

会話の中で飲み込めない価値観があれば、彼の考えを否定するのでは無く、彼の考えを新たな気付きとして聞いてみましょう。

相手に寄り添ってみようという意思表示も大切ですね。

人生の最終地点

生涯のパートナーを決めるとなると、そう簡単には決断できない人も多いと思います。

でもだからといって躊躇しすぎても、目的地には辿りつきません。

私自身、既婚者ですが、そもそも結婚しなくていいと思いながら生きてきました。

早く結婚しなきゃ、パートナーを見つけなきゃと焦る気持ちもとてもわかりますが、

もし貴方がライオンだとして、人間が自分を槍を持って狩りをしにきていると知ったら、真っ先に逃げるか、隠れますよね。

この例は極端ですが、今貴方が彼氏募集中、早くパートナーが欲しいと焦っている思いがあれば、相手に言わなくても伝わってしまうんです。

これは実際にあった話ですが、男性から女性に告白をし、晴れてお付き合いがスタートした直後、女性が『結婚できたらいいな』と話に出た瞬間別れた友人がいました。

これは女性に欠如があったわけでは無く、自然と圧を与えてしまったパターンですね。

現在恋人募集中でも、婚活パーティーに行っても、誰がいいかと模索するのでは無く、合う人がいればと自分の軸をしっかり持って、どっしり構えてみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

①見た目やスペック…よりも『愛嬌』で勝負。

まずはとびっきりの笑顔でこんにちは!いただきます!ありがとう!

言葉と組み合わせて彼の目線を自身に向けてしましましょう。

②相手ではなく、自分自身

自身の基準値、最重要ポイントを明確にして、自分に合う男性像をより理想に近づけていきましょう。

③運命の人 = 結婚相手

そんな定義を持っていれば、一旦クリアにして、相手の価値観に耳を傾けてみましょう。

④生涯のパートナーだから、焦らない。

槍を持って追いかけるのでは無く、仕掛け(自分磨き)をして待ってみるのも大事。 

今回は実践編では無く、考え方にフォーカスしたお話でしたが、

友達の紹介という機会に恵まれたのであれば、力みすぎず、普段の自分で接していくのを心がけてみるのをおすすめします。

友達の紹介となると、その友達に気を遣ってしまう方も多いと思いますが、決めるのはあなた自身です。

もし上手くいったら、友人は祝福はしてくれても、2人の未来は保証できないですからね。

友人が紹介してくれた事には感謝しつつ、紹介者とちゃんと向き合ってみましょう。

より素敵な貴方になって、より素敵なパートナーと出逢えますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました