婚活で年収を聞く方法|金目当てだと思わせないために

スポンサーリンク
婚活攻略法
スポンサーリンク

婚活を行う上でどうしても避けられないこととして、相手男性の年収をどのタイミングで把握するのかという点が挙げられます。

結婚相談所や婚活サイトを使った場合ならば、プロフィール欄に年収が直接記載されていますが、合コンや街コンで知り合った場合には年収を聞くタイミングに困るものです。

では、男性からお金目当てだと思われないようにしつつ、さり気なく婚活相手の年収を聞く方法はどのようなものがあるでしょうか。

なぜ婚活相手の年収情報が必要になるのか明確な理由を確認しよう

女性が婚活時に男性の年収を知りたい理由は、ズバリ将来設計を行う上で男性の年収と自分の年収を合算した金額を具体的に知りたいからです。

婚活を行う時点では、相手の男性は基本的に独身男性ならば選び放題ですから、次のような項目をチェックするはずです。

  • 男性の勤務先規模と現在の年収
  • 将来両親との同居義務があるのかどうか
  • 子育てを行う際にかけられる教育費
  • 住宅ローンを組んだ時に住める範囲

上記を計算するために必要だからこそ、男性の年収を知りたいと考えますが、聞き方次第ではそもそも恋人関係にすらなれない点に注意しなければなりません。

自分より男性の年収が低いとプライドが傷ついたと感じる人がいるから

過去に付き合った経験がある男性に対して、年収がどれくらいかストレートに聞いて嫌な顔をされたり喧嘩が絶えなくなった原因は、男性のプライドを傷つけた可能性が考えられます。

なぜなら、男性の年収が自分より低いことを知られてしまったために、男性のプライドが傷ついてデート頻度が明らかに減ってしまうと既に心が離れているサインだからです。

すぐにフォローする言葉をかけたかどうかで、結婚を意識する段階まで進めるかどうかが決まります。

結婚を意識した時に将来設計を立てる上で必要になるから

婚活を行う以上は結婚後の将来設計を考えて自分の年収を公開し、相手男性の年収を含めて考えることが当然だと女性の立場では考えます。

特に妊娠と出産を考慮すると、主たる収入を男性側と考える必要がある点に何ら間違いはありません。

しかし、男性の中には自分のことをATMの代わりだと考えてしまう人もいるので、特に真面目にコツコツと仕事を頑張っている男性ほど年収をストレートに聞くことは恋愛感情を失わせる原因となりやすいです。

男性が自ら年収を開示してくれるように誘導しよう

婚活相手の男性が今の時点で年収がいくらなのか、正確な金額を把握することは大きな意味がありません。

あくまでも大まかにどれくらいの範囲にあるのかという点を把握できれば十分であって、婚活相手の将来性を見抜けるかどうかが重要です。

そこで、次のような方法で相手男性の年収を自分から開示してもらうか推測する方法が有効です。

現在の家賃から年収の最低ラインを推測する

現在住んでいる場所と間取りを教えてもらえば、自分の住んでいる部屋との比較により相対的な年収の相場をある程度把握できます。

なぜなら、賃貸物件の審査には月収の1/4程度の家賃でなければ通りにくいので、少なくとも住んでいる家賃の4倍程度の月収があると分かるからです。

勤務先からの家賃補助があるかどうかを聞けば、予想年収を高く計算しすぎることはありません。

もし男性に家賃補助があるならば、羨ましいなという羨望の眼差しで持ち上げてあげると好印象です。

間接的に勤務先が福利厚生の手厚い良い会社だと褒めることに繋がります。

将来の家庭像について希望を聞いてみる

将来どのような家庭像を描いているのかという話を食事の後にでもしてみると、家族設計として理想がどうなっているのか把握できます。

理想像を実現するためにどれくらい頑張ればよいのかという質問をぶつけることで、男性が自ら現在の年収と昇給予想を答えてくれることが多いです。

互いのことをよく知るキッカケと転職可能性を合わせて知ることができます。

実は今の年収よりもサバイバル能力の有無が重要

婚活相手の男性が得ている現在の年収は、必ずしも定年まで継続しているとは限りません。

残業が削減されて年収の伸びが悪くなるだけでなく、副業が解禁されている会社が増えていることから、今の年収よりも副業の有無を確認することも重要です。

なぜなら、勤務先の会社がある日突然倒産したりリストラ対象となった時に、新たな働き口にすぐつけるかどうかという点が大きいからです。

いざという時に転職をすぐに行えるだけのサバイバル能力さえ高ければ、家族が露頭に迷う心配が少なくなります。

まとめ

婚活で年収を聞く際には、何のためにどれくらいの精度で年収を把握する必要があるのか決めた上で間接的に聞いてみる方法が有効です。

直接相手男性に年収を尋ねると、お金目当ての女性で男性をATM代わりにしようとしていると思われてしまいます。

そこで、次のようなポイントを押さえながら年収を聞き出してみましょう。

  • 現在の家賃から間接的に手取り月収を把握する
  • 家族の将来像を聞いて、今からどれくらい頑張ればよいのか誘導し、現在の年収を自分から話すように仕向ける
  • 副業の有無とサバイバル能力を把握して、最低いくら以上は稼げるのか確認する

以上のポイントをうまく使って、年収を聞き出してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました