年収1000万円の男性とどうすれば結婚できる?高収入男性をゲットする方法

スポンサーリンク
婚活攻略法
スポンサーリンク

できれば年収1,000万円以上の男性と結婚して、結婚後は安泰な生活を送りたいですよね。

年収1,000万円以上という男性は給与所得者のうちわずか5パーセントと言われていて、その男性と結婚するのは簡単なことではありません。

誰もが高収入とわかるような医者や弁護士は人気があり、婚活でもライバルが多いです。

そんな職業でなくても、1,000万円以上を稼ぐ男性にターゲットを絞れば、婚活競争でもライバルに勝てるでしょう。

ここでは、年収1,000万円以上の男性と結婚する方法について詳しく紹介します。

ハイクラス男性に絞って婚活をしたい方必見です!

1,000万円以上稼いでいる男性を手に入れるには?

一般的に、医者やパイロット、弁護士の職に就いている男性は、1,000万円を稼いでいる人が多いです。

婚活や結婚相談所でも、それらの職業をターゲットにした女性からの求婚が多いので、人気が集中します。

たくさんのライバル女性から配偶者の立場を手に入れるには、それなりの魅力がなければなりません。

男性側としても、自分が地位やお金でモテるというのがわかっているので、女性に対しての条件が厳しいという人も多いでしょう。

また、会社経営者や自営業者で、自称収入が1,000万円という男性がいます。

見た目もよく、遊びなれている男性というケースも多いです。

会社経営者の場合には、その報酬は会社の業績にかかっており、その収入が一生保証されるとは言えません。

現在羽振りがよくても、お金がなくなって会社が倒産したら一緒に生活を歩んでいくことができるでしょうか。

現状の収入も大事ですが、結婚してからの生活や金銭感覚が通常とかけ離れ過ぎていないかなどもチェックする必要があります。

では、高収入男性と結婚するにはどのようにすればよいのでしょうか。

安定的に稼げる高収入サラリーマン

安定的な高収入を期待するためには、一般企業に勤める高収入サラリーマンがおすすめです。

サラリーマンといえども、その給与は業界によって大きく異なります。

業界トップの外資系ITのエンジニアは年収は最低でも1,000万円です。

テレビ業界、商社の平均年収は1,500万円ほどと高く、稼げる仕事を知っておくとよいでしょう。

婚活相手の収入の知り方

婚活中、その収入が本当かどうか、どのくらい稼いでいるのか詳しく知りたい人は転職口コミサイトを利用しましょう。

会員登録すれば、誰でも口コミで集まった会社の内部情報について知ることができます。

・会社名

・職種もしくは部署

で検索すれば、その収入が本当かどうかも詳しくわかり、逆にどの会社に勤めてる人がターゲットになるかわかります。

会社名で目星をつけておく

どこの業界でもトップの会社であれば、それなりの給与を得ている可能性が高いです。

平均年収が1,000万円以上の企業を、年収ランキングなどで知っておきましょう。

注目なのは、広告代理店、商社、金融、不動産、生命保険会社、製薬会社などです。

1,000万円以上稼いでいる男性へのアプローチ方法

稼いでいる男性でも、あまり目立たないタイプを狙うと婚活も苦戦することなく進めます。

男性はお金目的で近づいてくる女性を嫌う傾向にあるため、それもバレません。

見た目が地味でも、真面目に働いている男性はお金もかからず貯蓄も多く期待が持てます。

ここでは具体的にアプローチ方法について紹介します。

家庭的な女性であることをアピール

会社でサラリーマンをしている高収入男性は、お金に堅実というケースが多いです。

ブランドを持ったり、派手さが目立つ女性よりも清楚感がある女性に人気が集まります。

ブランドや派手なことが好きでも、男性の前では封印しましょう。

料理や子供が好きということは大きなアピール材料です。

感謝やポジティブな言葉をかける

高収入の男性と結婚したいと願うばかり、相手のことを考えないとはいけません。

忙しい相手は、女性に癒しを求めています。

仕事終わりに労いの言葉をかけたり、相手を思いやる気持ちを伝えることが重要です。

そんなあなたの態度があれば、男性は安心して結婚することができるでしょう。

まとめ

1,000万円以上を稼ぐ高収入の男性と結婚するのはそう簡単ではありません。

それでも、ターゲットを広くして高収入サラリーマンも視野に入れて探しましょう。

相手が求めるような女性像でアプローチしていけば、結婚相手に選ばれるのです。

しっかりと戦略を練って、婚活を進めてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました