自営業の男性と結婚ってどうなの?やっぱりリスクがある?

スポンサーリンク
婚活解説
スポンサーリンク

自営業の男性との結婚に悩んでいる女性の方は多いかと思われますが、自営業の男性と結婚することで得られる物、失うものは必ずしも存在します。

ここでは、そんな自営業の男性の方と結婚することで何を得られ、何を失うかについて解説をしていきますのでご覧頂ければ幸いです。

自営業男性とお付き合いする上での問題

問題定義については、まず、自営業の男性と結婚することで何を得られるかです。

この部分がとても重要で、自営業の方は経営者であるがゆえに自立して生計を立てています。

一見するととても聞こえが良いように見えますが、問題は収入と生計を立てるにかかる時間です。

いわゆる労働時間がどの程度かと言うことが重要で、自営業をお手伝いするかどうかによっても結末は変わります。

自営業は経営がうまく言っているにしろいないにしろ、自分が自由に使える時間がありません。

その為、自営業の男性との結婚においては時と場合によりますが、すれ違い生活が続くことも多いです。

自営業のお手伝いが必要だと話は変わってくる?

しかしながら、自営業のお手伝いが必要となると話は変わってきます。

これは、両者が同じ自営業をお手伝いする場合においては発生しない問題です。

女性側が自営業のお手伝いをしなかった場合においてすれ違いが生じるということになるのです。

では、解決法は結婚した私、つまり女性側が折れて自営業のお手伝いをすれば問題はないのかと言うとその通りです。

自営業をお手伝いすることで二人の距離は縮まりますし、より良い関係を築くことも可能です。

ただ、ここでも問題としては、自分がお手伝いできる範囲の自営業であるか専門知識を必要とする仕事であるかです。

多くの方、女性であれ男性であれ結婚を申し込んだ側が相手の自営業者の方に対して問題となる部分はここです。

専門知識を必要とする仕事においては、残念ながら、お手伝いをすることが難しく、実体験から申し上げればすれ違い生活になることが多いです。

改善すべくはパートナーとの関係か時間か

自営業男性との結婚においては改善すべく点は、男性との関係です。

この問題は結婚後に生じやすい問題で、自営業の仕事が忙しい場合において関係が悪化したりします。

もちろんその逆でも関係が悪化することがあり、お仕事が暇すぎる場合においても関係が悪化します。

前者においては忙しいが故旦那となる方が家庭を疎かにしやすい点が問題で改善すべくはパートナーとの関係です。

パートナーとの関係を改善するについては2つ手法があります。

1つはあえて経営すべてにおいて旦那に任せることです。

2つ目はお手伝いをして関係を修復することを試みるという手法があります。

後者においては、改善においてはどのような手法を用いても難しいので結婚する前にどのような自営業であるかを知る必要があります。

そして次に時間の概念ですが、パートナーとの関係を無視してあえて自分だけの時間を作るという手法も一つの手です。

これは完全に夫は夫、妻は妻と言う考えで行動し、自分の時間を得るためあえて自営業に関わる全てを夫に任せるという手法です。

先ほど説明した、あえて自営業の仕事を手伝わないということで、自分だけの時間を作って趣味に没頭したり、あえて自分も仕事をするなどをしてす収入を得ることもよい手法です。

結婚後において、お仕事を辞めてしまう場合、夫となる自営業者の方の収入に頼るのですが、それに頼らず生きるという手法もよい手段です。

どちらかを選択し改善することが望ましく、両方を改善しようと思わないことです。

両方を改善しようと試みた場合、経営をお手伝いしたうえで自分の時間を作ることになる為、生き辛さを感じることが多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自営業の男性の方と結婚することは、得られる物については自営業で得られる収入になり失うものは自営業に費やす時間が挙げられます。

つまり、自分の持てる時間が減少することを意味しますので、それを良しとするかしないかに掛かります。

また、自営業の規模によっては高収入だったり、低収入だったりしますので、それらを含めた上で記事をまとめますと、

  1. 自分の時間を犠牲にしパートナーと一緒に営業する
  2. 自営業の仕事をパートナーにすべて任せ、自分は自分の時間を作る
  3. 自営業者のお店の規模を考えて収入が十分でないとみなした場合、結婚しない手段もある

さらに細かく自営業者との結婚をまとめると、

最終的に重要となるのは収入で、収入が多い場合すれ違い生活であっても許容できるかと言うことです。

その上で、自営業者の男性の仕事に興味がある場合、自分もお手伝いするという手法も取れるのが自営業者との結婚の利点です。

これらを把握したうえで、自分が結婚が正解である不正解であるかを判断しなければならず、目安は収入の自営業の他労働時間です。

なお、自営業者と結婚し、あえて手伝わず、自分のやりたいことばかりした場合、リスクも生じます。

リスクは離婚と言うリスクで、男性側が結婚をしたことについて意味をなさないと判断した場合離婚のリスクも考えられます。

その為、女性側もある程度男性に配慮し、自営業を手伝うか、手伝わず家庭を支えるかなどを考えないとならないのです。

後は、これらリスクを承知の上で、結婚する勇気があるかどうかにかかっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました