高学歴・高収入の女性はモテないは嘘?婚活の最近の傾向を解説

スポンサーリンク
婚活解説
スポンサーリンク

婚活において「高学歴、高収入の女性はモテない」というのはよく聞く話です。

条件だけを見れば、高収入や高学歴のいわゆるハイスペック女性は結婚相手として魅力的です。

経済的に安定していて知的な女性なら、結婚したいと思う男性はいくらでもいそうに思えます。

婚活サイトでは本当に高学歴・高収入の女性はモテないのでしょうか?

婚活サイトでハイスペック女性は敬遠される?

高収入、高学歴のハイスペック女性が、婚活サイトではモテないというのは本当なのでしょうか?

結論から申し上げると、婚活サイトでハイスペック女性の人気がないというのは事実です。人気がない理由は複数考えられ、ひとつではありません。

有力なのは、婚活サイトを利用する男性は、自分よりも優れた女性に対して気後れしてしまうからという理由です。

ハイスペック女性に気後れする男性たち

婚活サイトを利用する男性は、基本的に女性に対してあまり積極的なタイプではありません。

女性に積極的な男性であれば、わざわざ婚活サイトを利用しなくても、理想の相手を見つけられます。

結果的に、婚活サイトに集まるのは、異性に対して消極的で奥手なタイプの男性が中心です。

このタイプの男性は、自分よりも優秀なハイスペック女性に対して気後れしてしまう傾向が見られます。嫌っているわけでも敬遠しているわけでもありません。

男性が積極的に話しかけづらいと思ってしまうために、ハイスペック女性はモテないという結果につながります。

ハイスペックは悪条件ではない

ハイスペック女性が婚活サイトで敬遠されてしまうためにモテないのは事実です。

注意しなければいけないのは、ハイスペックであることそのものが悪条件なのかといえば決してそうではないことです。

女性ながら高収入、高学歴のハイスペックであることで、男性たちを気後れされることはあっても、嫌われるほどではありません。

気後れによるハンデさえ乗り越えてしまえば、婚活サイトで結婚相手と巡り合える確率は高まります。

将来的なことを考えれば、ハイスペックは悪条件ではありません。むしろ幸せな結婚生活を遅れる可能性の高い好条件です。

多少スタートでつまずくことはあっても、決定的なハンデではありません。

最初の一歩さえ踏み出せれば、婚活サイトでの結婚相手探しは大きく前進します。

変わりつつある男性側の意識

ハイスペック女性は敬遠されやすいと書きましたが、その状況はだんだんと変わりつつあります。

かつては結婚といえば、男性が女性を養うものという考えが主流でした。

収入面でも学歴面でも、男性側には女性から頼りにされるほどの好条件が求められ、女性よりも収入や学歴が劣る結婚を、恥と考える男性も少なくありませんでした。

婚活サイトでもこのような考え方は根強く残っており、つい数年前までは、好条件の女性ほど良い相手が見つからないというのは常識とされてきました。

ところが最近は、ハイスペック女性が敬遠される風潮に変化が見られます。

かつては高収入、高学歴というだけで男性から敬遠されたものですが、最近はハイスペック女性に積極的にアプローチする男性が増えています。

男性より優れた女性は敬遠されるものという常識は変わりつつあります。

ハイスペック女性だからといって、婚活サイトが不向きだと決めつけるのはすでに時代遅れになりつつあります。

男性の結婚に対する意識は大きく変化している

ハイスペック女性が敬遠されなくなった大きな理由が、男性の結婚に対する意識の変化です。

かつては結婚するといえば男性は女性の人生を背負うもの、という認識が一般的でした。

男が働き、女が家庭を守る。昔ながらの家族像において、女性よりスペックが低いのは、男性にとって深刻な問題です。

ハイスペック女性と結婚するということは、大げさに言えば自分自身の否定にもつながります。

そんな古い意識も、時代が経つにつれて、大きく変わりつつあります。

男女平等の意識を当たり前に持つ若い世代にとって、女性が稼ぐこと、高学歴なことは婚活において大きな問題ではありません。

男性の中にも自分よりスペックが上だというだけで、女性に気後れしてしまうという意識はなく、対等なパートナーとしてむしろ喜ばしいことだと捉える人が大半です。

ハイスペック女性を敬遠する傾向が強いのは、40代以上の男性です。

30代半ばより下の世代では、女性が高収入、高学歴であることはポジティブな要素として捉える傾向が顕著に見られます。

ハイスペックを武器にする

高収入、高学歴の女性にとって、現在の婚活市場は非常に有利な状況です。

安定した経済力は、共働きの生活を支えるのに魅力的な条件です。高学歴であれば結婚や出産に伴う転職なども有利でマイナスイメージはありません。

最近は、専業主夫を希望して婚活サイトに登録する男性も珍しくありません。

ハイスペック女性にとって、自分が外で働き、子どものことは専業主夫である男性に任せてしまうというのもひとつの選択肢です。

このようなスタイルでの夫婦生活が候補に入るのも、ハイスペック女性であるからこそです。

ハイスペック女性の婚活戦略

ハイスペック女性が望ましいパートナーを見つけるための婚活戦略としては、次のようなポイントが重要です。

  • 収入や学歴は積極的にアピールする
  • 相手の収入を当てにしない
  • 対等な立場でパートナーを探す
  • 人柄重視

様々なポイントを挙げましたが、簡単に言えば、

「相手の力で幸せになろうとするのではなく、自分の力で幸せをつかんだ上で、さらに幸せに貢献してくれる男性を探す」

という意識が大切です。

どんなにハイスペックな女性でも心のどこかに「男性に幸せにしてもらいたい」という意識があるものです。

悪いことではありませんが、ハイスペック女性がそれを望むのは茨の道です。

男性に幸せを依存するのではなく、自力で幸せを確保しましょう。

婚活サイトで探すパートナーは、自分にとって幸せをプラスしてくれるであろう男性です。

あくまでも結婚を幸せの上積みと考えれば、男性に求める条件は大幅に緩和されます。

まとめ

独立心を持つことが婚活の近道、というのは矛盾しているように思えますが、ハイスペック女性にとっては紛れもない事実です。

現状では、女性がハイスペックであることは婚活サイトでかなり有利な条件です。

男性に選ばれるのではなく、こちらが男性を選ぶという意識を持ちましょう

モテるモテないはさほど重要ではありません。最終的なゴールは理想の相手に出会うことです。

最高の出会いを実現するために、自分を安売りすることなく、前向きな気持ちで婚活サイトを利用してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました